スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VCAコントローラ 考察 (10/07更新)

(2011/10/07 微修正しました。)

私の手元にある全てのパッドの中で
どのコントローラが一番いいか、考察してみる。

※あくまでも個人的な見解です。
参考程度でお願いします。
この記事を参考にした結果、何かしら生じるいかなる損害についても、私自身が責任を負うことはしませんよ!
・・・と言っておきます(笑)




※コントローラを変更する前に試すべきこと
コントローラを変更する以外にも操作感をより快適にする方法はあります。
その方法がラグを軽減するということ。

ラグを軽減する手段としては
・液晶モニタを使用しない
・Wiiの設定で、MTU値を適正値に設定する(参考ページ:www7.atwiki.jp/nintendo-rev/pages/46.html)

これらを変更するだけでも相当違いがあります。
コントローラを変更する前に是非試しましょう。

ゲームキューブコントローラとWiiリモコンは、
ゲームキューブコントローラがラグ無しなのに対して、
Wiiリモコンは赤外線を使用しているため約1フレームの差があります。
ただし、1フレームなんてたったの1/60秒。
気付く人もいますが、気づかない人が多いようです。
しかし案外、その1フレームが大きいんですけれどねw



私が触ってVCAを試したことのあるコントローラ一覧

◆任天堂純正品
Wiiリモコン
(Wiiリモコン クロ)←手元にはありません
クラシックコントローラー
クラシックコントローラーpro
ゲームキューブコントローラ

◆非純正品
HORI製 ゲームキューブ用デジタルコントローラ
Mad Catz Unveils Tatsunoko vs. Capcom FightStick
SENCON(2011/10/07更新)

残念ながら、変換機を介してのコントローラ使用はしたことがありません・・・。
どなたか情報求む。


read more »

2/26は初心者対戦会でした

タイトル通りです。
昨年の10月頃に第2回ぷよぷよ通初心者対戦会が始まり、
今回で第6回にまで辿り着くことができました。

初心者対戦会の概要を簡単に説明しますと
「ぷよぷよ通のアーケード界に興味はあるけれども、
レベルも高いし、レバー操作も難しいし、敷居が高くて
普段の対戦会にはとてもじゃないが参加できそうもない」

といった人たちのニーズに応えるために、
名古屋のゲームセンター「BOXQ2」にて発足された対戦会です。
そして私はこの対戦会を運営する三人のうちの一人。

参加者のレベルは、GTRを使ってばよえ~んくらいを打てる人から始まり、
12連鎖以上の大連鎖を組むことができ、催促やつぶしなどを打ってくる上級者の一歩手前の人など、
様々な方が居ます。
もっとたくさん人が来てくれれば、と常々考えながら運営内で案を出しあっています。


、ということで対戦会の雰囲気やあったことなどを簡潔に振り返りつつ、
ついでに対戦会の紹介(宣伝)などもできたらなあと思うのですよ。

・・・最近文章も書くこともなく文章力が落ちていることを痛感するために
何かしら発信しようとも思ったのも一つの理由なのですが。
一応なごやん公式ページの日誌はちょくちょく書いていますけれどね。
長文を書くとなるとなかなか機会を得ることも難しいこの日頃。


*-------------------------------------------------------------------------*

さて今回の初心者対戦会は日程も中途半端でテスト期間も被っているんじゃないかということもあり
人数が集まるかどうかと気がかりだったのですが、
今対戦会、なんと17名ものの人数に恵まれることとなりました。
参加された皆さんご参加ありがとうございます。

あまり宣伝や準備などを行っていないままの開催となってしまったため
人数集めに不安が残るのはは当然のこと。
「備えあれば憂いなし」を実行したいところですね。

「備え」といえば今回からはBOXQ2のぷよ通筐体の周りに張り紙を作って貼ってみたのですが
少しでも効果はあったのでしょうか。
最も、作成し貼りつけたのが対戦会開催の一週間前という
あまりにも短い期間のみだったので殆ど意味を成していないのですが^^;

14時5分ほどに着いたとき(遅刻!)には時刻はすでに9名もの人数が集まっていました。
参加者の皆さんはモチベーションも高く定時通りに集まっているというのに
何とも不甲斐ない運営陣で誠に申し訳ございません。。

やや開始時刻が遅れてしまいましたが
対戦会のルールに則って2台のフリープレイ台を使用し、いざ対戦会開始。
今対戦会のはじめに用意されていた筐体の数は3台。
前日に店員さんと打ち合わせし、このような台数設定となりましたが
結果的に15名以上もの対戦会参加者に恵まれることができ、
最終的なぷよ通の筐体の数は通常クレジット台も含め4台!
対戦会でこれだけの規模で開催できるというのは凄いことです。
皆さんご参加ありがとうございます。

それでは時間に沿って簡単にあったことなどを記述していきましょうか。

⇒14:00から

フリープレイ開始。
14時丁度の開催を目指すためにも次回からは10分前から受付を始めたいところ・・・。
初見の方が2名(vespucciさん、(戦闘員B)さん)いらっしゃいました。
対戦会の雰囲気や運営陣とも馴染んで欲しいということで、積極的にお話しに行きました。
ぷよを普段どこでやっているのか、なども聞いたのですが、
やはり2ぷよやDSなどから参加してくれる方が多いみたいですね。
たまに家庭用だけやっていて、オンラインは未経験という方も居ます。

その他にも今回はa-cho勢の方々(むぎわらさん、ぴあーすさん)がいらっしゃいました。
何でも名古屋に立ち寄った際に、初心者対戦会が開催しているということを覚えていてくださったようで
今回参加していただきました。ありがとうございます。

a-cho勢の方々が参加してくださった時点で15名を超えたので、店員さんに3台目のフリープレイをお願いし、
同時に4台目の1クレジット50円の通常台を設置してもらえるようにお願いしました。
ちなみになぜ15名かというと、基本は5名を区切りとして筐体設置数が一台増えるというシステムのため。
9名以下は1台、10名以上で2台、15名で3台、20名で4台、とのように最大4台まで(?)増えます。


⇒16:00から

毎回恒例のチーム戦開始です。
今回もいつもと仕様は変わらず、「2人抜きしたら勝っても交代・20本先取」
をベースにし、参加者の16名を4つのグループに分けての開催。
もうそろそろ新しいことやりたいんですけれど、他のルールのリスクや制約の点から
結局いつもの方式にしてしまっています。

チーム分けはこれまたいつも通りトランプを引いていただき、
引いたマークの種類でそれぞれ4つのチームに分けました。

チーム
1 cherry
2 ホーミング
3 ミケ
4 マチコ

チーム
1 キマタ
2 vespucci
3 490
4 (戦闘員B)

チーム
1 proton
2 ベロ
3 ウト
4 むぎわら

チーム
1 jun
2 イブリス
3 ぴあーす
4 Aeton

(例によって、敬称略)
とのように分けました。
それぞれの番号は対戦順です。
1番の人が最初に席に座り、負けるか、2人抜きしたら次の番号の人に交代します。

そして、このチーム戦をただひたすらやるだけでは盛り上がらないということで
毎回実況しつつ行うのが恒例となっていますが、その実況者はまた私がやりました(笑)
マイクを持って話すということや、実況そのものに慣れていない面がまだあり
テンポも悪く何を喋っているのかもわからない実況となってしまいました^^;
無駄なことをペラペラ喋っていたら(本人は気づいていない)、
この状況を見ていた常連であるSANAさんやRaybornさんからも「長えよ!」って言われてしまう始末。
次回までにはもうちょっと練習してきます。(T_T)

そして、チーム戦は何事もなく無事に終了しました。
何事もないのがつまらないという訳ではないですよ?
次回は自分自身の力でもう少し盛り上げれるように頑張ります。
終了後は18時の対戦会終了時刻まで通常のフリープレイを存分に楽しんでいただきました。


⇒18:00から

初心者対戦会終了後は食事会を行いました。
今回食事会の参加者は確か20名を超えたのでしょうか。
3つあるテーブルが大体満員になったはずです。
それぞれのテーブルで好きなものを頼んでいただき、好きなように食べる、というのがなごやんならでは?
なかなか本格的なので非常に美味しいです。広東焼きそばやエビマヨなどがオススメ。

私のテーブルでは初心者対戦会運営陣と対戦会参加者が入り交じって食事していました。
まちこさん、その友達の方の女性の方、ベロさん、428さん、もこさん、キウ君、私。
ベロさんは身を張ったギャグで一同を笑わしてくれるのが面白いです。流石です。
他にはなごやんの若手であるキウ君の逸話などを聞きつつ、おいしいご飯をいただきました。


⇒食事会終了後

通常対戦会が始まります。
何と今回対戦会参加者は初心者対戦会の参加者も合わせるとなんと30名!!
かつて無い規模の賑やかな対戦会となりました。
かめさんが「30人いるなら大会開けるな」と言っていましたが、まさにその通りだと思います(笑)

対戦台は4台あるもののほぼフル稼働。
ぷよ通の対戦以外にもそれぞれ皆さん好きなことをやっておられました。
当然ながら閉店までたっぷりと対戦していきました。
気合も入って良いぷよができました。

これで2月26日の初心者対戦会に関しての記事は終わりです。
次回初心者対戦会は3月12日と比較的短いスパンでの開催となります。
3月大会のマスターズに合わせてモチベーションも高まってくる季節だと思いますので、
もしかしたら今回のように、またたくさん参加者が望めるかもしれませんね。


⇒次回初心者対戦会でやりたいこと・反省点

個人的な心情なども含めていろいろやってみたいことや反省点などを無責任に書いてみたいと思います。
あくまでもチラシの裏ですよっ

・「受付時間開始を早める」
→13時50分から開始。

・「チーム戦改善」
→剣道方式の取り入れ?
場合に拠っては対戦に参加できない人が出てくる可能性も出てくる。
それとも、チーム戦以外の方向性は見いだせないか。

・「初心者対戦会対戦風景をニコニコ動画にアップロード」
→実際に行うにはお店側はもちろん、なごやんの方の様々な人の手助けが必要。
もし行えたならば宣伝として多大な効果を発揮しそう。

・「宣伝方法の多様化」
→今回は張り紙を使用したけれども、他にも良い宣伝方法はないだろうか。
→2ぷよ・DSからの参加者を呼びこむ方法は・・・?


皆さんからの、「このようにしてみたらどうか?」などのご意見お待ちしております。

先の展開を考える

「先の展開を考える」、と一言で表したとしても
一つの技術を限定する言葉としてはやや不十分なように思える。
それほど「先の展開」という言葉には、多岐に渡る意味を含んでいるのではないだろうか。
ここではその多岐に渡る技術のいくつかを取り出して考えてみたいと思う。
言い換えれば思いつく限り考えてみる、とも。


★残しの意識
ここ最近特に注目されている意識。
ある一定の位置にある副砲、あるいは牽制として撃った後のフィールド状況の把握能力。
これがあるかないかで追い打ちの組み上がる速さが違ったり、
相手の残しが悪かった場合、本線などを打つか、打たないか
などといった判断の速度向上がメリットとして挙げられる。


★お邪魔量の意識
対応合戦になったときなど、相殺し打ち消してどれだけ相手にお邪魔を送れるか、
どれだけこちらにお邪魔が降ってくるか、などの予測。
この技術が未熟であるとお邪魔量が多すぎるのに受けに行ってしまったり
お邪魔量が少ないのに誤って本線発火してしまったり
と、適切な対応が出来なくなってしまい、勝てる試合も落とす事も多くなってしまう。
中盤で勝ちを目指すならば必須技術。


★凝視の意識
相手が何をしてくるかといった予測。
大きめの単発(牽制)や2ダブといった勝敗に直結する攻撃に対しての予測は
特に敏感になっておいた方が良い。
おじゃまが発生する行動(催促や対応など)には特に付いて回る技術。


★伸ばしの展開、(および先読み、とも?)
主に相手側の本線発火に対しての伸ばしを行う際
どのような配ぷよが落ちてくるかといった予測。
及びその配色を最大限活かすための置き方。
連鎖の頭を伸ばす際といった大連鎖を狙う際、伸ばし技術の重要ポイント

ぷよ1大会


とうとう初代大会決勝までアップロードされました。
いつも大会動画をアップロードしてくださっているSANAさんありがとうございます。

ちなみにエントリーネームがマジドロ勢ってのが私です。
最近のマジドロ(マジカルドロップ3)へのハマがっぷりが影響してのこのエントリーネーム(笑)

とにかく惜しかった!
3位決定戦まで含めてほぼ完璧にデスタワーを組みきって負けてしまったので悔いはありません。
(懸念事項として速度面の問題もありますが)
が。準決勝の最後の試合、黄色2つはどうやって処理すれば良かったんだろうか・・・。
受けが狭い形になってしまったのが敗因だったようにも思えます。

どうでもいいかもしれないけれど、この大会動画を見たタラさんやぷよm@s内の反応が気になる(笑)

若干ぷよ1のモチベーションが上がったようにも。
久々に対戦したいな~。


ちなみに50回大会の大会日誌は一般大会内容がまだ書いてない状態。
時間が経ちすぎて若干記憶が・・・。まあいいや。頑張って書こう。

日常7

半習慣化させるために始めたはずの日常日記。
気付けば一カ月以上の放置・・・。
日常が希薄な過ごし方をしているので長くは続かないとは思ってはいましたがね。

まだ初心者対戦会のときの日誌も書かずに放置したままだよ。
どうすりゃいいのだか。
とりあえず頑張って消化しなければ・・・。


⇒ぷよぷよ全般
モチベーションが過去と比較してみて
下がり過ぎたな、と思ったので、ぷよには暫く触れないことにしました。
気が向いたときに限って、ちょちょっ、と触れるって言う程度の方針にすることに。
目の前にぷよ通が入っている筐体があったら何だかんだで遊ぶだろうしw

しかし、ぷよのモチベーションが下がったことで
一緒に日誌&日記のモチベーションまで合わせてダダ下がりしたのは困っていたり。

はあマジカルドロップ楽しいです。
3の基板買っちゃったよ。
(まだ動かすためのシステム基板のほうは買ってないのですが。
21769726_834193308_102large.jpg

つまりはこういうことです。


これからは復帰に向けて?根底にある心意気みたいなものを大切にして過ごしていきたいと思っています。


ぷよm@s最新作が投下されていましたね。
対して最近の私は初代対戦からは随分と遠のいてしまって、若干熱が下がってしまっています。
といいつつこの前は某マウンテンさんと100本選手なんという愚行をやらかしてしまいましたがw

11月28日のBOXQ2杯でもなんと、初代ぷよぷよの大会を行います。
ほぼ完全に主催者の趣味での開催という裏側があるのは秘密(笑)
これは大会として成り立つのか?と若干無計画なんじゃないかと思いつつ業務用基板を提供してしまいました。
大丈夫なのかなあ。うーむ。


⇒ぷよぷよ通スコアアタック
最近ちょっとだけメガドラを触ってやってみた。
操作もミスばかりで、それどころか相手側が全然凝視できなかった(笑)

改めて実感したというか、やっぱり土台は安定したものがいいと思った。
その後の組みやすさが全く違う。
1段目と6段目を重点的に。


⇒マジカルドロップIII
はまりまくりing。
大会に行ってまいりました。
なんと都合のよいことに開催されるゲームセンターは名古屋のBOXQ2。

大会内容は以下動画をご参照になるといいかもしれません。


実力は正直なところヘタな部類だけれども、すっげーワクワクしましたよ。
次回大会も1月か2月辺りにあるらしいので、是非とも参加したい限りです。
もちろん更なる鍛錬を積んだ後に(笑)


⇒今後の日記
自分なりのぷよの考察をすこーしずつ書いていきたいと思っています。
期待はしないでください(笑)
書くモチベーションもさほど無いので実際に投下されるかどうかも微妙です。

現状、このまま日常の日記をだらだらと書いていても、誰の得にもなっていないと気付いてしまったので
手を加えていく次第です。
でもこういうのを書くとして、どんなことから書いていけばいいんだろうか。
順序とかがあるのは何となくわかるけれども、正直よくわからない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。