スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛々しい話

実際に体が痛いという用法とある個人が痛いという用法がありますが前者の話です


左人差し指に深い怪我を負いました。
学校祭の準備中の事です。
模擬やる際にテント張るじゃないですか。
手伝っていてさてテント持ち上げるぞーってなってあのパイプに挟まってごしゃっと。
怪我した瞬間何が起こったのかわからなくって(笑)案外痛くないものだね(ノ∀`)(殴)

今は病院で手当を受けたからいいものの血が足りなくて何度かふらつきました。貧血だー。
それもその筈。人差し指という少ない面積の場に五針も縫う怪我でしたからね!!!!!!


しかし緊急なことなのに院内の人ゆっくりしすぎ。
何か一つ一つの動作に時間をかけすぎみたいな印象を受けたのはちょっと・・・。

更に追い打ちをかけるような不幸な話。
医師に聞いたところ俺に打った麻酔は30分利くはずだったようですが、15分ほどで薄れてきて
最後の縫うときなんか激痛でしたよ。

「我慢してね♪」とか言われたけど無理に決まってる(笑)

しかし利き腕じゃなくてよかった。
利き腕だったら物持ちにくいわ書きにくいわで大変でしたでしょうからね。不幸中の幸いでした…
バイトも休むことになります。/(^o^)\早くお金貯めたい俺にとっては痛い話。(ノд-。)

ぷよですか?ぷよは使う指は無事でしたのでやります(笑)意地です。

勿論Q2にも出ますよb(ぉ
レバーは持てますので。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。