スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコアメモ

スコアの際に考えることを考察
100万出すために、いい加減本気出さないと怒られそう。
というワケで自分自身の考えを文章化して纏めてみました。

長くなってしまったので分割。
〇心構え
そう簡単にハイスコアは出るものではない。
これは100万行ける!と思ったものでも、こちら側のふとしたミス、CPU側の動向などにも左右されるもの。
ちょっとしたことでばたんきゅ~してしまい、全てが水の泡になってしまうことだってあり得るのだ。
だからこそ、スコアアタックは忍耐力やストイックさが求められる。

ミスは出てしまうものではなくて、
起こることが前提としてあるもの。
相手は人ではなくAIということの再確認を。
他にも様々な対策法は思い浮かびますが、この方法がお勧め。

こういった意識がスコアを日常的に続けるための秘訣とも言えるのではないだろうか。

毎日の努力=全一。




・一階層目
速さより相手のフィールドを最優先すること。できる限り相手を見ながら組む。
ネクネクが完全に出きってから組むのも一つの手。
効率をとにかく最優先で。スピードはその次。
何にせよ置きミスしたら取り返しがつかないので。

優先すべき事項
凝視>効率>>>スピード
相手の連鎖になりやすそうな箇所に目を付けること。
そうすることで対応の手段が複数思い浮かぶということも。
相手の動向がある程度把握できているならば、相手の攻撃を予測・対応など容易になる。



BEST AI:スケルトンT
実力から誤解の対象となっている場合が多いが実際は超上級者以上の腕前である。
全一すらフルボッコにしてしまうというモノホンの神サマである。

完全にフィーリングに組んでいるかと思いきや、素直に連鎖を発火する場合も多い。
左右にぶれるようにぷよを落とす場合もあり、ハラハラさせられる。
殆どフィーリングなために平均連鎖数は低いが、ときたま中連鎖を組み発火場合もあるので油断がならない。




COMの特徴:ウィルオー・ウィスプ
主にスケルトンの選択間違いをした際に選択されるふざけた顔をした敵。
個人的には地雷。
というのもこのAIの嫌らしさにその理由はある。

連鎖の種を発火すると思いきや、サイドワインダー(操作のブレ)をかけ発火点から逸れていく・・
その後保持した種をちゃっかり発火してきたりも。(しかも嫌なタイミングで)
フェイントがお得意。
こちらが連鎖すると見込んでこちらが発火した場合にそういったことをしてくる→相手埋まる→\(^o^)/

相手の発火を確認した後に相殺することで対応は可能だが、神経を使うことになるし、本当に嫌なやつである。
また、自滅率もかなり高い傾向にある。
スコアを続けているならば4手天元とかそういうふざけたことをするそいつを一度は見ることになると思う。
スケルトンTなども三列目は高く積む場合はあるが、比べれば全然マシな部類。


BETTER:スキヤポデス
2番手。
捨てゲー(途中でゲームを諦めること)をしないゲーセンでプレイする場合、
たいていこのキャラにお世話になると思う。
また一番手に持ってきた場合でもかなり対応しやすいキャラ。
とにかく丁寧に対応し、相手に復活の芽を与えることが一階突破への道。




COMの特徴:ミニゾンビ
自滅率が高いらしいです。
数回戦った感想としてはいけなくはないっていうイメージ。
試行回数が極端に低いため、何とも言えない。




・二階層目
速さと正確さが重要。相手より常に少し上の対応をできるように。
例:4個消しの2連鎖を5個消しの2連鎖で返す。
また、相手がカウンターのように積んでいる場合がある。
むやみに仕掛けて種不足にならないように。相手が先に崩し仕掛けてくることを待つ。
下部の連結数に気をつければこちらの連鎖を組める瞬間であることも忘れずに。
第二折り返し以降は積極的にぷよを送って2連鎖以上のおじゃまを送らせないようにすることも一つの手。
とりあえず第二折り返し後は確認しつつ牽制を。

第一折り返し後に4~6列目にほしい色がなかなかこない場合は下手に折り返しを確定させるより、
5列目にいらない色を連結しつつ置いてカウンターにするのが良い。(お邪魔が効率的に消せるため)
まれに相手が複数個の連鎖の種を持つ場合があるが、
その場合は下手に本線ばかり組むとばたんきゅ~してしまう可能性が高くなるので、
連結数を高めにして(牽制に控えるため)、発火しやすい、相手に合わせた副砲を所持するべき。
及び合体で対応できる状態にすること。

第二折り返し以降は少しの連鎖で致命的となってしまう場合が多いので、
相手の連鎖が小さかったとしても敏感になる必要がある。
できる限り連鎖を確定しないように。最後にキーをはめるようにできるのがベストなのかも。




BEST AI?:憎悪に満ちたセリリ

数々のスコアラーのトラウマの原因。
新米スコアラー減らす要因となっているらしい(笑)

何だかんだできっちり対応のパターン化すれば成功率は確実に上がります。

お邪魔を送らなかった場合、いつの間にか全消しになっていることも多い。
それくらいCOMにしては効率的に組む。
ただし連鎖を組むスピードはそこまで速くないので
対応ができる様ならば2面の中で一番安定して大連鎖を組めるAIの作りとなっている。

ただし、油断は禁物。
プチカウンターを組んできてこちらの動きを牽制するようだったり、
ときたま上級者顔負けのような連携をする場合もあるので要注意。

また、こちらのフィールドの一番おじゃまぷよが降ってきてほしくない場所に
ピンポイントでおじゃまを降らせることができる能力を持つ。

STAGE3の場合、かなりの鬼仕様となる。
特筆するべき事としては、一定のラインまで埋まると発狂する。
積極的に連鎖を組み、更には積む速度も上がるため、こうなってしまうと手がつけられない。
おじゃまを絡めつつ連鎖を組んでくるので、安易に連鎖するとカウンターしてきて痛い目にあうので注意。



COMの特徴:パノッティ&のほほ
セリリの選択間違いをしたときに大抵選ばれるキャラ。
トリッキーな攻撃に高い自滅率が自慢。
積極的に消してこないので相手と同じ量のおじゃまを対応できるようにして、高速で本線を組む。
安定はしない。(特にのほほ)





・三階層目
相手の連鎖の事前読みやキーぷよが特に重要となってくる。そのためにも相手の連鎖の種を見過ごさないように。
ここからは連鎖尾を狙っていっても。
やりすぎて連鎖が纏まらないなんてこともないように。

速度が上がって来ると折り返しの色を置くためだけで一苦労するので、
ほとんどの場合速度があがってくる前に早めに確定させたほうが良い。
それでも厳しい場合は外側から中へ、といったようにお邪魔に耐えられるように組んでいく。



BEST AI:ナス
基本は丁寧に単発を撃ってきて、スピードもそこまで速くないので対応がし易い。
隣にあるぷよを巻き込んで2~3連鎖してくる場合も少なくないので
その辺りきっちり把握するように。
また、どの部分のぷよを消してくるかということに関しても予測しやすい。

このキャラの場合、驚異と言えるものはAIよりも落下速度ではないだろうか?
って思ってしまう。
稼げるときは20万くらいなら稼げるので、頑張ろう。
相手の動向に気に掛かることがあったなら即座に発火するのもひとつの手。


COMの特徴:さそりまん
まだマシ。
大連鎖に固執せず、妥協してしまえば11連鎖くらいは組めそうだけれど・・


COMの特徴:サムライモール パララ ハーピー
モグラは攻撃の激しさと対応の難しさ、
商人は最悪の自滅率に極端な連鎖力に加え対応は激ムズ。
ハーピーは言わずもがな、その高い自滅率。

順序を付けるならば
ハーピー>>サムライモール>>>パララかも。



・四段階目
最高速に近くなってくるステージ。「渡し」など高速面専用の回しというものもマスターするべし。
基本的に3面とやることは変わらないのだけれども、COMの特徴の違いもあって微かに異なる。



COMの特徴:ウィッチ
5色だというのにこれだけまとまった積みができるのは、感嘆の意すら覚えます。
それなりに連結数して纏まりがあって見易く、他のキャラに比べればかなり対応しやすい部類だと思われます。
行動に関しても安易に予測がつくというのもポイント。

ただし、安易な攻撃は高く積んだカウンターを
まともに食らってしまう要因になるため要注意。

積極的にぷよを消してくるせいもあって多少鬱陶しいものの
「あらかじめおじゃまを受けることを前提とした」形を組むことによって多少リスクの軽減ができるかも。
相手の復活がうまいこともあって、多少大胆な対応や形の整頓も可能。

2面のCOMの迷いという観点を除けばセリリと性質が似ているキャラ。
あえてCPU側の発火点を埋めるという戦術が通用するキャラもウィッチと3面セリリとか
ミノタウロスとかしか居ないんじゃないかと。


・五階層目
ここからのステージからは運要素が絡んできます。

まずは、速度に慣れるように頑張りましょう。
特にスピードに押されて対応が疎かにならないように訓練訓練。
3、4面と5面以降は同じ5色でもスピードなどが違うだけでパターンにかなり違いがあるので
その辺り図り違えることのないように。
スピードが速い=CPUも速い=ツモが多い分やってくることも多彩
って事が言えますね。
だからこそ、少しの判断ミス・置きミスが命取りという。

五色ということもあり、一度相手の攻撃を受けてしまったらそのままばたんきゅ~してしまう場合もありえます。

そういった意味では素直に消してくれるミノタウロスでもありっちゃありかも。
下調べが幼少期のSFC経験だけという、かなり不足気味なのでこういった感じになりますが。(;´Д`)


 <  おらっ!出てこいやゾウ!(AA略

一番楽そうなのがボスのぞう大魔王だっていう(笑)



BEST AI?:ドラコ
複雑な連鎖、平均連鎖が高めということもあり序盤から形の整頓などが厳しいイメージ。
きっちり対応できなきゃ自滅道まっしぐらなので何かしらパターンを立てる必要があります。
一つの例として、折り返し以降は連結重視の不定がお勧め。(定型より対応がしやすいため)
下の層と同じ感覚で、ガチガチの鍵なんか組んでいたりすると痛い目にあいます。



ここから先のステージはほとんど未開の地なのでてきとーなことを言っているかもしれません。ご了承を。



・六階層目A

根底的なやることはさほど5面と変わらないけれど(?)
5,6,7,8と続く高速面の中では相手の対応が特に難しいイメージ。
相手の連鎖に違和感を感じたら折り返し以降は不定にしてしまうか、それとも即発火しても構わないかも。
その積みは連鎖だろ? って確信したら、実は不発でしたってこともよくある。
そういった辺り、本当に嫌らしい。

さすがシェゾさんや…


COMの特徴:変体
本線しか組まない子には奇妙な特大連鎖をお見舞いされるぞ。
フィーリングに積みまくり、下から崩してきて
赤玉級の連鎖を発火してきたりすることもある、要注意AI。
運が悪いと連鎖を知覚する間もなく、殺られます。

ハイスコアを狙う場合、特に難しいキャラと言ってもさほど間違いではないでしょう。


・六階層目B

こちらも前二つのステージと速度は同じなので、やることの根本的なことはほぼ変わらない・・かも。

特にAIとしても比較的辛口ではなくマイルドなほうなんで
相手の行動に丁寧に対処すれば何とかなるんではないでしょうか。

COMの特徴:ルルー
今までの経験上3回くらいは4手天元とかされてるんで若干怖いです。
まぁSFCremixでの経験だからAI違うかも知れないのですが。

特徴のとらえどころのない、良くわからないAI。
時に発火点埋めてくるなーと思いきや、変な箇所から発火してきたりだとか、
ジャブばかりしてきたり、カウンター組んできたり。時に激しく攻撃を仕掛けてきたりなど。
でも共通して堀はかなり巧い部類なので、多少の攻撃ならば何とかなるハズ。
特にカウンター気味に高くして積んでくるのは怖いのでそのあたりは丁寧に対応を。


・六階層目C
最高速面なので対応にミスが出たり置きミスするってこともよくありがち。
特に折り返しや階段部分のミスには注意。
焦ります。
簡易折り返しや速度が速くても置けるような低さがときに必要かもしれないですね。
なにしろ自分の経験地が低いから何とも言えないけれど(^o^)

COMの特徴:マスクドサンタ
時に結構うまく組んでいると思いきや、
時にカオスとなる場合もたびたび。
自滅率は結構高めに設定されているんで注意しましょう。

唐松模様にぷよを組んできたときにはどうしようかと思って死んだ(笑
アタリとハズレの差が激しいAIですね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。