スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ヘルファイアメモ

本編のネタなどを事前に取り扱っちゃっている可能性もあるので、本文は裏に書きます。(´ω`)ノ

こんなに偏狭な地にあるブログだし、隠したりする必要なんてないのかもしれないけど(笑)

あと、図の誤りやずれなど修正しました。 ______
______
______
______
_〇△___
〇〇△△__

以前はこの通りに置いていましたが…
よくよく考えた結果。

______
______
______
______
__〇△__
_〇〇△△_

このように置いた場合、左右どちらにも展開できることに気付きました。


_◇____
_〇____
______
__▽▽__
__〇△__
__〇△__


ハチイチ(8分の1の確率で降ってくるぷよ)を生かしやすくなります。


____◇_
____△_
______
__▽▽__
__〇△__
__〇△__

このようにも。



効率を考えるならば、左右どちらにも展開できる形というものは、前回の形と比べてもかなり柔軟性に富んでいます。

◇_____
〇_____
______
_▽▽___
_〇△___
_〇△___

全てのぷよを効率的に使っているとは言い難いです。


______
_〇____
◇〇____
◇▽▽___
◇〇△___
〇〇△___

例え配ぷよが良く3つを立てることができたとしても、同時消しに絡めるのは厳しそうです

_◇◇△__
_◇〇△__
◇〇〇△__
◇▽▽▽__
◇〇△△▽_
〇〇△◇▽_

強引に繋げることもできますが、ある程度形が決まっているだけに6-6-6のヘルファイアを狙うのは
配ぷよが良くないと難しそうです。


_▽____
_▽____
▽◇____
▽◇____
◇〇〇△__
◇▽▽▽__
◇〇△△▽_
〇〇△◇▽_

鍵型と階段型の連鎖の組み合わせのため、純正ヘルファイアよりは致死連鎖量が狙いやすいです。
まあここまでくるとデスタワーになってしまいますが(笑)





まだ実践していないので判りませんが、
恐らく三四列目を起点とした変形ヘルファイアのほうがやりやすいんじゃないかなーと推測。

理由としては幾つかあるのでとりあえずメモメモ。


1:左右に展開できる
先程の通り、ハチイチの対応などに優れていることは先述しましたが、
何も序盤に限られたことではありません。

___◇__
_▽◇◇__
_▽〇△◇_
_◇◇◇△_
▽▽〇△◇_
▽〇〇△△_

_◇◇___
◇▽〇___
◇▽〇△__
△◇◇◇__
▽▽〇△◇_
▽〇〇△△_

2連鎖クアドアプルが両側に狙いやすいです。
なぜか?

______
___△__
_▽〇△__
_◇◇◇__
_▽〇△△_
▽▽〇〇△_

以前の変形ヘルファイアの形だと、L字の特性上段差ができやすいということにあります。
しかし、三四列目を起点にした形ならば上手くL字の形が噛み合い、形の底上げをしているため
一度ぷよを捨ててしまうだけで簡単に四色目の同時消しを狙えるということがあるからです。

2:左右に展開できるために無駄が出にくい。

この変形ヘルファイアを使うにあたって、一番無駄が出やすい土台の問題の解決策を探ることで単純にスピードの向上に繋がるはず。
______
______
______
__◇◇__
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△
また、ここまで組んだとしてもまだどちらにも選択肢が残されているのも魅力的です。

…しかし、この形までなってしまうならば、
ヘルファイアを狙うより遥かに五連鎖を狙った方が無難な策です。


3:五連鎖への移行が楽

______
______
______
______
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△


この形、ぷよ通の上級者の間で重宝されている土台の形なんです。
「だぁ積み」と一般的には呼ばれている形。
この形の柔軟性はなかなか侮れないものがあったり。

と言うのも、

・選択肢を増やすための技術、リバーシブル連鎖を狙いやすい。
・半定型のため五連鎖を手早く作りやすい。
・段差調整が容易。

______
______
______
__◇◇__
△▽▽〇△△
△△▽〇〇△

↑例えば、このような形からは

_____△
_____△
_◇_▽_↓
◇△◇◇〇_
△▽▽〇△△
△△▽〇〇△

このように連鎖を狙うことができます。

______
______
______
__◇◇__
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△

↑この形は少し工夫が必要です。

 ↓
_◇____
_◇____
______
▽_〇△__
◇_◇◇__
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△

一つの答えとしてこのようにすることもできます。


△_____
△_◇△__
__〇◇__
_▽◇◇__
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△

連鎖尾技術がないと難しいかも?

因みに、これらの積みは鏡に映したような形でも組むことが可能です。

____◇_
____◇_
______
__△▽_〇
__◇◇_◇
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△

はじめの方に連鎖を確定してしまい、伸ばす方向を決めてしまった方が良いかも。


_▽〇___NEXT
______△
______◇
______
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△
こんな感じで。

______
______
___◇△◇
_▽〇△◇◇
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△
↑最終型としてはこんなのが見えそう。


_____◇
___〇_◇
___〇__
___〇__
___▽〇_
__〇◇△◇
_▽〇△◇◇
△△▽〇△△
△▽▽〇〇△

極端に偏った場合の対抗策としてリバーシブルを狙った四連鎖ダブル。
難しいので普通に△を待った方が良いと思いますが…(笑)



______
______
______
______
__▽〇__
_▽▽〇〇_

既にこの形からだぁ積みの基本形が見えているといっても過言ではありません。



______
______
〇_____
△_____
△▽〇△△_
▽▽〇〇△_


この形からも充分五連鎖の形は見えますが、段差量が大きくなりやすくちぎりも増えるため、
慣れない内は難しいかも。

(段差量が大きい=縦に伸ばしやすい、とも言えますがw)
連鎖尾技術や不定形の技術を拾得していないと、少し厳しいものがあります。


書きすぎたので終わり。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。