スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよシリーズの一般的評価を考えてみた。

通>>フィーバー>初代>7≧フィーバー2>>SUN>よ~ん

こんなイメージ。
話題性とかプレイヤー人数とか批評とか考慮してみたらこんな感じに。
フィーバー2と7に関してはあまり正確なことは言えてない気も。



ぷよぷよ通

言うまでもなく、ぷよぷよシリーズの傑作。
駆け引きの要素を引き上げつつ、テンポも良く、誰もが違和感を感じることも無いゲームシステムが完成されており、内容としては完璧とも言える気がします。

販売数や、移植の多さ、プレイ人口など全てが物語っているとも。
今更言及する必要すらなし。
文句の付けようがありません(笑)






ぷよぷよフィーバー

セガによる新しいぷよぷよの開発。
やっぱり、既存のものに縛られていると、どうしても限界が見えてしまうと思うんですよね。
そういった意味でも、新しい試みとして世界観を完全に違うものにしたのは凄いことだと思っていたり。
何気にSUNやよ~んの失敗の経験を生かしている、良ゲーでしょう。
ただゲームシステムの簡略化を図ったためだとか、方向性のために
少しキャラクターや試合時間などのバランス的には悪かった印象。
フィーバー合戦なんてしたくないし(笑)長期にわたる試合もそれはそれで問題があったように思えます。
あくまでもライトユーザー向けといった感じ。
フィーバーの上級者がぷよ通に移行していくのもなんとなくわかる気がする。



初代ぷよぷよ

まさに初代といったクオリティ。
歌手とかでもそうなんですが、デビュー曲って長期に構想を練り込まれている印象があるんですよね。
ゲーム性としても、テンポもいいし、バランスもかなり取れているし、駆け引きもぷよ通ほどではないけどあります。
何しろBGMとかストーリーとかいかにもぷよぷよっぽいし、良い曲ばかり。

初代というぷよぷよの入り口があったからこそ、次のステップがうまくいっているような。
初代ぷよぷよ自体、セカンド技術というぷよ通の一場面を切り取ったようなゲームでもあるし。
惜しむべきは評価されにくかったこととも。

「まわしゲー」とも呼ばれて敬遠されているふしもありますが、
「どうしてまわしで勝っているか」など考えてみるとなかなか面白い気が。
ワタシの見解としては、初代ぷよぷよのゲーム性として、「致死連鎖量(赤玉2つ)をどれだけ早く送ることができるか」
ではなく、
「いかに早く相手の三列目の十二段目を埋めることができるか」
…といった感じで捉えています。

ちょっと贔屓も入ってますが、個人的にももっと慣れしんでほしいぷよぷよシリーズの一作。


ぷよぷよ7

ちょっと方向性誤ってるんじゃない…?(笑)
いやまあシステム的にはそこまで問題はないんですけれどね。
ぷよ通や、フィーバーなどとは違い、「終盤戦」が重視されるようなシステムになっているような気もします。
というかセカンドゲーです。

ただ、「へんしん」システムというものがまた厄介で…(笑)
実力的な逆転要素にもなってないし、
(ちびぷよでいきなり18とか伸ばしたらバカゲーですが…)
逆転要素もないのに無駄に連続でへんしんして時間を引き伸ばす要因になっていたり…
(へんしん中は駆け引きが存在しないからですね)
クイックドロップにより中盤戦の意味が少なくなったり…などなど。

ゲームバランスを意識しすぎたためにむしろ蔑ろになってしまっていたり、
どうしようにもなくなってしまっているパターン(笑)
あとは極端に単発が強いのも一つの問題点。


ストーリーとか雰囲気としては…あれはどうなんだろう?
あれに関しては、やっぱり手抜き感が所々見える気が。うーん。

まあちびっこ向けとしてならそれなりなのかも?




ぷよぷよフィーバー2

みんなムチュー!でぷよぷよ6らしいですが、こじつけすぎ(笑)
アイテムなどの存在など、ぷよぷよの作品としては異色作。
完成したフィーバーのバランスを崩壊させちゃってるんで
初期のフィーバーが好きだった俺からすれば残念。

犬だとか、そいつの特大一連鎖だとか…最悪としか言いようがない(笑)
というかバルトアンデルスに限らず単発ゲーです。本当にありがとうございました。
(単発だけで普通に勝てちゃいます。でかぷよを使った連結とかマジ鬼畜だろw)

救いようがある要素と言えばキャラクターとBGMか。
そんなこんなで個人的な評価してはかなり低いです。独創性もないし(笑)

この頃からセガのぷよぷよ作品の方向性が決まってきている印象。




ぷよぷよSUN

「太陽ぷよ」によりゲームバランスが理不尽な逆転を引き起こしたりだとか、落とされたくない場所に落とされるなど。いわば新種の「おじゃまぷよ」なるものだった。
言い換えてしまえば、必要のないシステム、とも…
いかにぷよ通が完成されたものだったかを物語っているような。
ライトユーザーには向かなかったイメージ。いわばちょっとダサい(笑)
一般的な評価はよ~んよりは高いのですが、ワタシはあまり好きにはなれないです。






ぷよぷよ~ん

バランス崩壊ゲー。
でも私がぷよの知識を持ち合わせていない時期には普通に楽しんでいました。
絵柄とかBGMなど雰囲気などは好きです。
特に美麗な絵柄は今までとは違う!
いろんなキャラに言えることなんだけれど、こんなにリアルに描かれたことは無かったので、
デフォルメ画像もいいけれど、新たな一面を見れる、と言った意味でも良いし、
何よりストーリーの雰囲気に合っていて本当にベストなチョイスだと思う。
同人ゲーとかギャルゲーとか言うな!

キャラのバランスはもちろん、ステージの特性だとか、基本システムの調整不足だとか。
そういったものが未完成、って感じがする。
「必殺技」っていう発想はスゴく良い感じなんですけれどね。格ゲーとかジャンプマンガみたいでカッコいいし(笑)

あとはストーリーをもっと完成させて欲しかったかな。
今までのギャグみたいで適当にするってことは、特にRPGなどのストーリーが重視されるゲームにおいては許されないことじゃないかな、って思います。


リメイクされたなら、普通に良作になる予感。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。