スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄の駅から自宅まで運ぶ作業が一番嫌なことだったり

また自転車の鍵なくした。
最悪です。

落とした場所には心当たりはあるので朝一でさがしてこよう。
スポンサーサイト

考察

自分の思う通りのイメージにぷよができません。
才能の限界?
とも思ってしまう程に。
豆でも2ぷよでもリアルぷよでも全て何となく上手く行かない感じがする。
非常にもどかしい感がして。
どうにかしたいっていう気持ちに駆られてます。

再びメモ帳を手に、原点から見直そう。
そして自分のぷよの再構築。

動画をみるための携帯、もしくはパソコンとメモ帳、書くためのペンは必需品。


(今後の課題点、見直す箇所ともに。)
凝視の意識。
対応、対応策
攻め方、副砲・単発を撃つタイミングなど

凝視できるかできないとかそういう問題じゃなくって、
ふとした瞬間、部分的に凝視しようっていう意識の方が大切ってことの再確認。

取りあえずは3連鎖副砲を作ることから始めよう。
合体とかキーぷよとか、そういったものは後回し。
対応っていっても相殺するだけが対応の全てじゃないから、
それを把握した上で、発火点高くするとか、カウンター組むとか、相手側が催促伸ばしているときとかの対応など
そういった事柄についても、基本ができるようになったらできるようにしよう。

受け回るだけじゃなくて、こちらからも立ち回る立場になるようにする。
今までにはなかった事。
そのためにも相手の隙はどのようなときに生まれるか、など考察したい。

他全消し戦とか。

今は正直これだけ?って思うけれどやれることを一つ一つクリアしていけば、
きっともっとレベルの高いぷよを打てるようになるんじゃないかなって思ってます。

久々に動画作ってみた。

ひとまず投下!

read more »

テーマ : ぷよぷよ - ジャンル : ゲーム

DSぷよ!始めました。

友達コード:4382-5089-0991 です。
みなさん暇なときにでもやりましょう。

野球なんて久し振り

俺の友達13人くらいで野球やってきた。
昔からのトラウマがきっかけで敬遠してきたのですが、小学生の頃ぶりに参戦-w-;
当然家でぷよばっかりしている俺だから、思うように体が動くはずもなく、
どちらかと言えば皆の活躍ぶりを観戦する身となってました。
トラウマも再来しましたが、すっげー楽しめたから良かった。
案外やろうと思えばできるものだね。
でも一回は大きい当たりを打ちたかった…(ノ∀`)

暗くなるまでプレーした後は、行きつけの焼き肉屋へ。
例のス○○○○将です。説明は割愛させていただきます。
今回も罰ゲームありでしたw
ありがちな、どれかのお寿司一つにだけわさびがめっちゃ入ってるってやつ。
いわゆるロシアンルーレット。

あれだね、わさびたくさん入れると、横から普通に見えてるw
当然主催者は自滅(笑)。
次回からは軍艦巻きで見えないように作りなよw

今回の罰ゲームは、綿菓子を作りながら「楽しいなあ」ということ。
前回比としても内容的に軽いかな、でも年齢的に恥ずかしいw
皆傍らで爆笑してました。いまでも思い出すと笑える。
でもその後綿菓子作るのが流行ってしまって、罰ゲームとしてはいまいちだったかな(笑)


そんなこんなで、時間制限の90分も終了。
皆お疲れ様、特にH元子
。( ´¬`)


予告。湧き出し積みのいいリプレイ撮れたので、公開しようと考えてます。

やっぱり

髪切らずにこのまま保守します。
何という有言不実行\(^o^)/

スミマセン(´・ω・`)

今自分に必要な技術

対応術。それと精度の高い合体。
合体に関しては練習中。
その分対応や潰し、催促が疎かになっている気もしないわけでもない。
気のせいであってほしい気もする。
対応に関しては相手の2ダブを四連鎖で返せるくらいにしたい。
そのために必要な技術。
→キーぷよ外し・凝視など
他にもネクスト、ネクネクを見るように心がけるとか。
それと副砲は今よりもっと早い段階から組みに行かないと間に合わないな。
しかも、相手と催促を合わせる位しないと、相手が催促を撃ってから終わる直前に撃っていても続け様に追い討ちを仕掛けられたり、クロスされたりするもとになるから、やっぱりお互い催促を持ち合って、隙を疑い合うくらいの駆け引きが無きゃ、ぷよのレベルとしても低いと思う。

本線の確保に必死になっている結果がこれだよ!(笑)

気を付けよう。

後は土台から三連結を多くして、即発火できるようにしなきゃ駄目だな。


フィネスさんとやって本当に勉強になった。
強い人とやって負けると、どうして負けてしまうかっていうことを詮索できるのがいい。

対戦会報告Ⅶ


今日も対戦会行って参りました。
本当毎回学ぶことがたくさんあって。
今日なんかかめさんに回しの技術教えて貰ったんですよ。
今までかなりフィーリングな回ししか使っていなかったため、
これを知っているか知らないかは大きいな、って思ってます。かめさん、本当に有り難う御座います。

忘れっぽい俺だから、一応書き留めておこう。


右側に乗せるとき→左二回右一回、右一回。
左側に乗せる際にはこれの反対。右二回左一回、左一回。
回しをする際、最初の三回を素早く押すこと。遅かったら乗らないからです。

以上こんな感じ。

そういえばいつの間にか縦に置き、横に積むってことが心がけれていた。いい感じ。
これでGTRの形が確実に組めるようになれば段階としてはOK。

習慣付け。

二週間に一度のペースだけど
遠いところまで何回も繰り返し出かけるのって本当に疲れるし面倒。
まあ金曜日の対戦会いく口実になるからいいんだけれどね。
んなこと思いつつ今日も桜通線の地下鉄に揺られてます。
今も地下鉄の中でブログ書いてるよ(笑)
ちょうど良い時間潰しになりますしね。


2ぷよとかac通やってていっつも思うんだけれど、操作ミスって本当に嫌だよね。

俺発火催促!→相手発火!→俺置きミス!→\(^o^)/

なんてミスも本当に多いですよね。萎えます。
間違えて二回真ん中においちゃってばたんきゅ~したときなんか最悪(笑)

一番操作ミスしやすいのが2ぷよ。これは誰がどう言おうと引けない。(笑)
これって一番惜しいことだから何とかしなくっちゃなんて思ったため、
指の体操始めてみました。

あとでURL張ろっかな。
http://www.asahi-net.or.jp/~BG8j-IMMR/lesson3.htm
 張りました。

始めて一週間たってないけど、何となく効果ありましたよヽ('ヮ'*)ノ
ボタン押すの早くなったことは間違いない。オススメです。
ただ元からある反射神経はついていけないからそういうミスは回避しようがないかな~

あいた時間にこまめにやってみると良いかもしれません。
ただ電車とか人目に付くところではやりにくいかな(笑)


最近習慣づけてる事でした。

もうそろそろ

書く気力無くなってきたかも。

でも書きます。

本来の発火点からの脱出




もうそろそろこういった積み方が流行したとしてもおかしくないと思う。

けどどうかなー


ちなみにタイトルはまんまイメージからきてます。

10/9

髪切りたくなった。
今は長髪、でも飽きたから。
ちょっぴり嫌気も差してるし。いろいろあって。

今はお金はいってないし、まだ時間かかりそうだけれど。
再来週には切りたいな。

ひたすら短くして、
んで大学はいったらまた長くする。
ストパーかければそれなりにキマるだろうから。
なんとなくじゃなくてもストパーかけてない長髪って不潔なイメージあるし。
2ヶ月に一回かけれれば間に合うかな?
そのときにはお金もあるだろうしね。

以上ふと考えていた妄想でした。

対戦会報告Ⅵ

昨日は絶対風邪でした-w-;
日陰ことdorapomです。

なんだかまだ調子が優れません。無理して動いたせいかも。
おかげで前半の俺は滅茶苦茶、gdgd。酷い有様でした。
ただ終盤、定型メインから不定形を積むよう心掛けていたら、
思いのほか自分が納得できる、自分のぷよを打つことができたことができた気がします。
ただ組んでいる際、どこがどうつながるかとかわからなくなって
頭ごっちゃごっちゃになって何組んでいるかわからなくなったり、
思いがけないタイミングで自滅してしまったりと、
酷い試合はたくさんあったのですが、特に一試合で同時に2つをやったときには萎えた(笑)
亀さんごめんなさい(笑)

そうそう、亀さんと言えば。
かめさんに一言だけだけれどぷよのアドバイス的な物を貰ったことにちょっと感動した(爆)

「それ返されるよ」(おじゃまぷよ的な意味で)

これだけです(笑)



何勝手に舞い上がってるんだか(笑)スミマセン。



話は変わって。

428君、対戦会来てくれてありがとう!
対戦会は実質来ることは初めてだと思われますが、どうだったでしょうか。
しにゃー君はもともと俺より強いから、慣れればすぐに強くなると思うよ。
みんな優しいし、教えあってあえる環境だしね。
今回はくまさんや亀さんがいてなかなか対戦には入りづらかったと思うけれど、丁寧に操作していけば充分戦えるし、
もっともっと乱入して、速さとかレバー操作とか慣れてしまえば対戦が面白くなると思うよ。
お互い、強くなろう。


ほんと昨日はもっともっと話そうと思っていたけれど、滑りまくりでした。
対戦も良いけれど、
話し合ったりすることが自分を高めたり、あるいは新しい発見をする機会だと思う。
なにより楽しいしね。('ヮ'*)
何が大切かって言えばぷよよりもそっちの方が大切なのかもしれない。
対戦して、観戦して、更にコミュニケーションをはかることが同時にできる場はなかなかないからね。

Communication is important.とはよく言った言葉です。

なぜに英語っていう突っ込みは禁止!(笑)
this is a pen.並みによく聞く英文だと思ってるのですが…(笑)


gdgdながらも終了。
以上対戦会報告でした。



~以下自分のメモ~
積みに関したことや、対応術に関してはまだまだ未熟だな。
未だに第一折り返しでは横置きができないし、勿論GTRの合体なんて全くできません。
第一折り返し以降の横置きは1連鎖の大量消しがやりやすくなったり、
合体もやりやすくなったりと、プラスになるイメージの方が強いです。
縦置きの潰す気満々で、同時に受け回る為だけの積み方なんてぷよとしてレベルが低い。
けれど使いようによるかな。
けど今は積みの練習として横置きを意識するようにしよう。
同時に安定した土台の作成も。
これがなければ横置きすらできない。
順々にやることが積み重なっていく…/(^o^)\なんとかやるようにしよう。
あー、昨日の対戦会、もっとくまちょむさんのプレイを見ておくべきだった…勿体無い(ノ∀`)

序盤・中盤・終盤、気にかけておくことの割り切りはしっかりしよう。
自分で言ってることなのに意味ワカンネ。
この時にはこういうことを意識しよう…みたいな感じに。

不十分な気がするので、具体的に。
序盤の速攻には対応できるようにしよう。
また積み方に隙ができないように。積み方は定型か不定形か。
中盤相手の状態を見て、適切な対応をできるようにする。
相手からおじゃまぷよが送られてきた際、カウンターを積めるようにする。
一貫を通じて、凝視、積み方(横置き、自己的定型など)できるようにする。等々。
そう言えば昨日自分を高めるために三つ、意識するべき事があるのだけれど、
イマイチ思い出せない。

対戦数を重ねること、
積みの練習をすること、


とっても大切なことを言っていたから、思い出したいんだけれどなー…-w-;
アホみたいなことだけれど、人の話はしっかり聞くようにしよう。これから絶対-Д-;

あとレバーは手のひらにぴったりくっつける感じの方が一番しっくりくるかな。

その代わりにマメが出来やすくなるのはしょうがない(笑)

428君も自分が一番しっくり来るようなレバーの持ち方を研究すると良いよ。
俺はかめさんやカンタタ君とかの持ち方と同じ。
小指・薬指・中指でレバーを丸く軽く押さえ込む感じの持ち方。
これが一番しっくりくる。

実のところ最近まで知らなかったんです

対戦会報告外伝。

ここのブログでは土曜日しか対戦会がないように聞こえますが…
実を言えば金曜日にも対戦会はあります。-w-;
あー、何で早く気づかなかったんだろ。勿体無い。
学ぶべき物は沢山ありますので。自分をより高めるために。


最近ぷよに何でここまで熱くなっちゃってるんだって思うようになった。
以前オンラインゲームについて想うことっていう記事を書いた記憶はまだ新しいけれど
自分が何のためぷよを続けるかっていう目的を失いつつある気がする。


理由なんて無い?

ありがちな返答。
そんな言動ジ○ンプでしか通用しませんよ。

自己流:「湧き出し積み」

  



綺麗すぎる例。
まるで沸き出すかのようにぷよを積んでいくことから勝手に命名。
発火点を次々に埋め、本来の発火点以外の場所から発火する。
今回の例は例として上手くできていないためあまり例になりませんが、
雰囲気をなんとなく感じ取ってもらえればいいと思います。
後により実戦的な例を作っておこうかな。

あと実践で使用する際はもっと強引に組んでいきます。
勿論底の方にごみぷよが出てくるため上辺の方に回収用のぷよを更に積んでいく…
というメリットは凝視が相当しにくいのと必然的に3つ揃ったぷよが多くなるために対応がしやすい、といったところでしょうか…
というかそれ以外考えつかないです(笑)

土台の拡張形であり、自由形と呼ばれる物と似ている物であって、そうでもない形。
ただ自由形とは違って此方は使えば崖っぷち、常に死が付きまといます。
大きな土台なので、相手側に副砲を作る隙を与えることになるので。
崩しても連鎖形は残りやすい為対応はし易いとも言うことが出来ます。

どちらかと言えばいわゆる「魅せ」を追求した積み方と言えます。
ALF様のようなプレイヤーになることを目指している方には
適した積みと言うことが出来ます。

土台に使ってあるぷよを使い切るようにぷよを上に上に設置していくことがポイントです。
ぷよの不完全燃焼を起こしてしまった場合、不発になってしまったと同等ともいえますから。

一応、ポッと出のアイデアの様に見えますが俺は実戦で使ってます。
ただ連鎖の「ルート」が見えたときのみしか使いません。
そういった連鎖構成に気が回りすぎて他に気を配ることが難しくなることもデメリットだと思われますので。
無理に使えば自滅の元ですから。

というか真似しない方がいいです。
なら何故紹介したか?といえばただの自己満足です´¬`;スミマセン。


これを使って凝視が上手い人を苦しめる…って無理な話か(笑)
最近は凝視をしないと言う戦法も有るくらいですから。
そういう方には全く通用しません。ご注意を。


これも私のスタイルであって一番私に合っている戦法だとも思っています。

以前も言ったような、
「自己流」
の戦い方を見つけることも、ぷよの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

read more »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。