スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己流:「湧き出し積み」

  



綺麗すぎる例。
まるで沸き出すかのようにぷよを積んでいくことから勝手に命名。
発火点を次々に埋め、本来の発火点以外の場所から発火する。
今回の例は例として上手くできていないためあまり例になりませんが、
雰囲気をなんとなく感じ取ってもらえればいいと思います。
後により実戦的な例を作っておこうかな。

あと実践で使用する際はもっと強引に組んでいきます。
勿論底の方にごみぷよが出てくるため上辺の方に回収用のぷよを更に積んでいく…
というメリットは凝視が相当しにくいのと必然的に3つ揃ったぷよが多くなるために対応がしやすい、といったところでしょうか…
というかそれ以外考えつかないです(笑)

土台の拡張形であり、自由形と呼ばれる物と似ている物であって、そうでもない形。
ただ自由形とは違って此方は使えば崖っぷち、常に死が付きまといます。
大きな土台なので、相手側に副砲を作る隙を与えることになるので。
崩しても連鎖形は残りやすい為対応はし易いとも言うことが出来ます。

どちらかと言えばいわゆる「魅せ」を追求した積み方と言えます。
ALF様のようなプレイヤーになることを目指している方には
適した積みと言うことが出来ます。

土台に使ってあるぷよを使い切るようにぷよを上に上に設置していくことがポイントです。
ぷよの不完全燃焼を起こしてしまった場合、不発になってしまったと同等ともいえますから。

一応、ポッと出のアイデアの様に見えますが俺は実戦で使ってます。
ただ連鎖の「ルート」が見えたときのみしか使いません。
そういった連鎖構成に気が回りすぎて他に気を配ることが難しくなることもデメリットだと思われますので。
無理に使えば自滅の元ですから。

というか真似しない方がいいです。
なら何故紹介したか?といえばただの自己満足です´¬`;スミマセン。


これを使って凝視が上手い人を苦しめる…って無理な話か(笑)
最近は凝視をしないと言う戦法も有るくらいですから。
そういう方には全く通用しません。ご注意を。


これも私のスタイルであって一番私に合っている戦法だとも思っています。

以前も言ったような、
「自己流」
の戦い方を見つけることも、ぷよの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

read more »

スポンサーサイト

皆大嫌い運ゲーについて

相当長くなったので分けました。続きからお読みください。
画像もたくさん使っているので相当重くなるかもしれないです。

ちょっくらって予告したのに…

read more »

ぷよにおける個性について

ここ数年で某笑顔動画ができ、有名人のプレーを見かけることが多くなりました。
実に便利であって私もぷよ動画をちょくちょく探し回らせていただいています。

当然動画を参考にして参考にされる側の人のプレイスタイルをマネする方も出てきました。
ふと思ったことなのですが、
自分本来のプレイスタイルを無視してまでマネしようとする方が多いように感じます。
その結果、プレーが崩壊し自分本来の実力を十分に出し切れていないように感じられています。
自分の個性をプレイスタイルに取り込んだプレイをするためにはどうすればいいか…
あと、その個性について何故重要なのか、書いていきたいと思います。

ここでスマブラを例として挙げたいと思います。
スマブラで1対1のガチバトルをしたとします。
攻撃を仕掛ける際、飛び道具で攻撃するか、それとも肉弾戦に持ち込むか。
それはキャラによって異なります。
キャラそれぞれは個性を持ち、それによって攻撃しやすい技があったりなどします。
私の愛キャラMr.game&watch、このキャラは相当癖があり技によっては隙がありすぎたり幾つかの攻撃は攻撃が出るまでの時間が長かったりします。
今回1対1のバトルの場合ですので隙を出してしまってはすぐに叩かれてしまいます。
Mr.game&watchはどちらかと言えば、大人数戦向けなのかもしれません。

しかし、単数戦のデメリットばかりに思えるようなこのキャラも、
あるワザと戦法を使いこなすことができるならば、戦いを有利にする事も可能なのです!

私の戦法は、空中後ろ技の、タートルブリッヂを使います。
この技はある程度の飛び道具は消してしまい、リーチも高く
着地後も攻撃判定は残るので隙も少なく相手からの攻撃も受けにくいといった強技です。
これを使って相手をボコボコにしています(笑)特に俺の兄とか('ヮ'*)

何が言いたいかというと…
攻め方のスタイルを確立することが勝敗を決めるポイントとなるのです!
ぷよに置き換えていって見れば、戦闘スタイルを確立してしまえば、
自分に有利な状況に持ち込むことが容易になると言うワケです。

そして自分のぷよにおける個性を大切にするということとは?
これも例に挙げて説明します。

スマブラにおいて。
有名プレイヤーが自分の使っているキャラと別のキャラを使っていたとします。
面白いプレイスタイルや戦法を使っていて、やってみようと思い、
しかし別のキャラで同じことをしたとしてもうまくいかないでしょう?それと同じです。
必ずしもコピーをすればいいというわけではないのです。

自分の個性を大切にし勝利をつかむのと、無理して自爆してしまう、
当然前者の方がいいはずです。

四強などぷよの有名人は一人一人違った個性を持っています。

くまちょむ様は脅威的な安定感と凝視。
ALF様はツモに縛られない自由な連鎖。
かめ様は連鎖力と変則的なスタイル。
Kuroro様は連鎖美の鬼。

それぞれがいい味を出しています。だからこそ見ていても飽きない。
そして、それぞれの個性が、強さとして目に見えているのです。


ぷよにおける「個性」を十分に生かしてみてください。
コピーしてはいけません。
取り込んで「自分なりに生かす」ようになれば立派な上級者なのだと思います。

長文失礼いたしました。

リバシ

クラマッチをし始めて、リバシのおもしろさに目覚めました。
そこで今日は自分が使うリバシの形を紹介したいと思います。発火点は必ず2つあります。

1・サブマリン型
× △○
△△○△
△○○△
×××○△△

自分がよく使う形。△で発火で4連鎖。

 ×
△○△
△△×
○○○××

此方もよく使う形。△、×発火で3連鎖。

2・GTR型

○△○×○
○○△○×
△△○○××
後折でたまに使う形。○と×発火で4連鎖。

 ○×
××○
○×○○
○○△△
くまちょむさまのリプレイを見るとよく使われている形。
GTRといえるかどうかは微妙なとこですね。

3・SMR型


××
×○×△
○△△×
○○△××
真ん中の×がなければいざという時の副砲となる秀逸な形。
×発火で4連鎖。

 ○△×
△△○△
△○△××
○○△△×
これもくまちょむ様がよく使われる形。
SMRと挟み込みの複合型といったところ。△×発火で4連鎖。
4・その他
 ○△
△△××
△○○○××
挟み込み、サブマリンどちらにもなる形。右から発火した方が無難かも。

×△×
××△○
△△××
△○○×○
ニトリを保持している良形。
ただいいツモを引けないと愚形になる可能性もあるので注意。

こんなところです(´ー`)y-~~
参考としてどうぞ。

今日も少しメモってみる。

最近は通に凝ってるので通に関するものをちょいっと。(なんだかオヤジ臭い)

催促の催促は2連鎖や一連大量消しで行うべきだと思います。本当の副砲を保持しておけば追い討ちやなどにも使えますしね。
逆に催促の催促を大きい連鎖でしてしまったら?
本線を撃たれて余裕がなくなってしまうと思います。
自フィールドが本線のみならまだいい方だと思いますが、副砲持ちだったら 愚形 そのものですよ。
まあ心理的な戦略もあるので一概にそうとは言えませんが。

メモ完了(`・ω・´)


そして最近の近況も。

通がめっちゃ不調です。
あのスピードに思考が付いていけなくなってしまった…
一手一手確認しながらじゃないと置いていけないんです(´・ω・`)
フィバのやりすぎによる副作用でしょうか(ノ∀`)

あとは形がパターン化しちゃってだぁと挟み込みしか積めない…という事態に。
これはマズいですよね。2ぷよやクラシックで修行したいと思います。

以上対戦会や動画を通じて気づいたことでした。-w-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。